なめくじに塩を撒く

オタク女が好きなものを追求する雑記ブログ

『ドクター・ストレンジ』感想 4DXがオススメ!傲慢な魔術師に萌え、超感覚ファンタジーに震える

この記事をシェアする

f:id:saaalz:20170128200636j:plain

物語は主人公である傲慢な天才外科医、スティーブン・ストレンジが事故を起こし、神経を損傷。両手に障害を残し、医者の道を諦めざるを得なくなるところから始まる。

そんなスティーブンがなんとか身体を治そうとたどり着いたのが"魔術"の力。

エンシェント・ワンという至高の魔術師の下、魔術を身につけようと修行に励むスティーブンは次第に闇の魔術を扱う敵と戦うことになっていくが...。

 

 

ついにこの日が...!!!!!

大好きなマッツとベネ様の共演、しかもこれまた大好きなマーベル!観るしかねえ!と情報解禁した時からずっと待ってました。11月頃他国で公開された頃には羨ましすぎて歯食いしばってました。

そんな待ちに待ったマーベル最新作、ドクター・ストレンジを公開初日朝一で観てきました。

はじめに、

・映像がとにかく凄いから映画館で、出来ればIMAXや3Dで見てほしい!

・4DXだと更にスゲエエエエエ!!!!!

・マーベル見たことなくても面白いけど、見てると尚面白い!

・予告ではシリアスな雰囲気を醸してたけど割とシュールギャグ

・ドクターストレンジと赤マントは萌えキャラだった

ということだけは主張しておきます。

 

 以下ネタバレを含みます。

 

 

これ、観終わったあとに魂が抜けたようになるほど面白かった!!!!!!!

ファンタビを観たあともしばらく現実に戻ってこれなくなったような感覚があったのですが、正にそんな感じ。オタク、ファンタジーもの大好き。

まず第一に映像のクオリティが半端じゃない。

予告でも出てきた街がパタパタと変わっていくシーンはとにかく圧巻です。インセプションでもこういうシーンあったけど、それより圧倒的に凄い...!

私は時間が合わなくて2Dで見たのですが、それでも平衡感覚がおかしくなりそうなくらいでした。後日3Dで見に行きます!

 

(追記 31.01.17)

4DXで観ました!メッッッッッッッチャ楽しい・・・・・!!!!!!!

初めて4DXで映画を観たのですが、2時間のアトラクション。凄い。椅子も画面の動きに合わせてガンガン動くし、落下のシーンが多々あるこの映画で風の演出があると臨場感マシマシで凄く楽しかったです。街の戦闘シーンは言わずもがな。後半のアクションシーンでは椅子がマッサージ機と化す。

吹雪のエベレストに置いていかれるシーンで本当に粉雪?が舞っていたのには驚きました。機会があれば是非4DXで!

ただ、私の行動範囲内では4DXだと吹き替えしかなくて、その吹き替えが微妙だったかな...。モルドが小野Dだったのには驚きましたが。無駄に美声のモルド。ベネ様は美声だし声の演技が絶妙なんだな、と痛感しました。

 

あとアントマンにも出てきたような異空間的演出も私は好きでした。ちょっとグロテスクに感じるシーンもあったけど。一瞬だったけど苦手な人は本当にダメなんじゃないかな...

 

そして「ドクターストレンジは金と技術を掛けまくった壮大なシュールギャグ」だったのでは?と思いました。良い意味で裏切られた。

予告でも「wifiのパスワードだ」というシーンがありますが、ちょこちょこああいうの挟んでくるので、全体的にシュールな雰囲気が漂ってます。エンドレスループでラスボスを倒すのとか笑っていいところなのかあれ!?

悪役・カエシリウスと戦うシーンも緊張感マックスなはずなのに、スティーブンはカエシリウスにミスターと呼ばれ、「ミスターじゃなくてドクター!」とキレたり、それに対してカエシリウスはストレンジのことを「ミスター・ドクター」と呼んだり、天然ぶちかましてきます。可愛いかよ〜!!

あと、個人的に驚いたのがヒーローなのにヒロインに振られること。

しかも振られて泣いちゃうメンタル弱い医者可愛いよ医者。マントに慰められちゃう医者可愛いよ。

 

加えて、マーベルお約束のエンドロール後の予告もシュールすぎました。

というか相変わらず兄者面白いなお前。

ドクターストレンジもアベンジャーズに参戦するのかな?とりあえずラグナロクには出演?

とにかく次作が楽しみになる予告でした。

予告と言えば、本編が始まる前の予告でホームカミングがやってたのですが、トムホスパイディは本当に可愛いですね。こちらも楽しみ。

 

一つ、残念な点をあげるとしたらもうちょっとキャラを掘り下げて欲しかった。

キャラの行動ひとつひとつがちょっと突飛な印象を受けなくもないです。

カエシリウスとか魅力的なキャラなのに(マッツだし...というひいき目)、よく分からないまま敵になった、よく分からないまま退場した感が否めません。あと「マントもスティーブンのことが気に入ったみたいだ」とか言ってたけどどこが気に入ったんだ。マント可愛いけど。ラストの闇落ちも突飛な気が。

 

と、こんな感じでしたが5点満点中4.8点を付けるほど個人的にはとても楽しめました。

ベネ様はアクションできなさそうな身体なのにばっちりアクションしててなんか感動しました。

マーベルは最初から最後まで全力で観客を楽しませようとしてくれるから好き。正にエンターテイメント!

ホームカミングに期待しておきます。